高速情報組合 ETC|通常割引+追加割引!

高速情報組合 ETC|通常割引+追加割引!



 

 

皆さんこんにちは。
アラフォーのヒトミです。

 

 

我が家は夫婦で自営業やってます。
夫も個人事業主、わたしも個人事業主です。

 

 

夫は首都圏を車で走り回っています。
わたしは1年中自宅でパソコンに向かってます。

 

 

そういうわけで、わたしはいいのですが、
夫の車両関連の経費は相当な額になります。

 

 

車は5年前からハイブリッドに変えているので、
ガソリン代はそれまでの3分の1くらいに抑えられました。

 

 

首都高速の料金も各種割引を利用することで、
以前より低く抑えられています・・・・・・・

 

 

・・・・・・・と思っていたのですが、
最近、ヒョンなことから、さらに首都高の料金を節約できることを知りました。

 

 

それが高速情報協同組合の首都・阪神高速ETCカードです。


 

 

これを使えば、すでにある様々なETC割引とは別に、
それに追加する形で最大20%まで割引してもらえるんです。

 

 

「最大」とは、月に3万円以上首都高を利用する場合で、
夫の場合、まさにこれに当てはまるのです。

 

 

ネットで生きる私ですから、
さらに詳しくこのカードのことを調べました。

 

 

要するに下記のようなETCカードなのです。

 

・通常のETCカードのようなクレジット機能がない(紛失しても安心)
・東名・名神など首都高や阪神高速以外の高速は、一般のETCカードと同じ割引が適用
・首都高と阪神高速のみ、通常のETC割引にプラスして最大20%の割り引きが効く
・法人か個人事業主のみ加入できる
・支払いは翌々月でOK。つまり、月末締め、翌月20日頃に請求書発行、翌々月8日に口座振替
・出資金(脱退時返金) 10,000円/1社。カード発行手数料 600円/1枚。カード取扱手数料 600円/年1回

 

 

それにしても、こんなドンピシャな割引制度があったなんて。
夫も驚いています。


 

 

これはいいですよ。
確実に経費を圧縮できます。

 

 

運送業を始め従業員が首都高・阪神高速を利用する会社の社長さん。
経費節減の大きな武器がまた一つ見つかりましたね。

 

 

なお、首都高・阪神高速以外は普通のETCカードとして利用できます。

 

 

それと、首都高・阪神高速で通常の割引以外の割り引きが効くカードは、
高速情報協同組合のETCカードだけです。
一般のクレジット系のETCカードには適用できるカードがないです。
(※)私がちゃんと調べました。

 

詳しい内容はこちらを

 

 

 

《高速情報組合 ETC|通常割引+追加割引!》

<このページの管理者>
・アラフォーのヒトミです。
・金融・法律・保険関連のレビューを担当しています。
・私のレビューが皆さんの参考になれば幸いです。